最新記事

HGUC RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード

HGUC RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード
第二次ネオ・ジオン抗争時のNT専用機で限定的に採用されていた特殊構造材「サイコフレーム」で、機体の駆動式内骨格「ムーバブルフレーム」のすべてを構築した、史上初のフル・サイコフレーム機である。(wikiより)
HGUCユニコーンガンダムD_タイトル
こんばんは!ダイブです!

本日は私のガンプラコレクションから
HGUC RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモードを紹介します!

製作過程は基本通りに・・・
[洗浄]→[仮組]→[合わせ目消し]→[ヤスリ掛け]→[サーフェイサー]→[塗装・トップコート]です。

では全体から
HGUCユニコーンガンダムD_01
HGUCユニコーンはプロポーションも良くMG並に良い出来だと思います。
HGUCシリーズは物によっては手を加えた方が良い場合が多いですが、
このキットはあまりいじらなくてもカッコいいと思います。

サイコフレーム部分は蛍光ピンクで塗装してます(何かほかに混ぜたような気がしますが忘れましたw)

それでは色々な角度からご覧ください。
HGUCユニコーンガンダムD_02

HGUCユニコーンガンダムD_02-2

HGUCユニコーンガンダムD_03

HGUCユニコーンガンダムD_04

HGUCユニコーンガンダムD_07
バーニア部分はシルバーで塗装(仕上がりはメタルシルバーにしたかったのですが・・・)

このユニコーンガンダムのキットはパーツが細かくわかれてるので塗装はしやすかったです。

HGUCユニコーンガンダムD_05
戦艦クラスのビームでも跳ね返すことができる!“Iフィールド搭載シールド”
私は“Iフィールド”で思い出すのは0083の“デンドロビウム”ですね!
あれ最初見た時は衝撃的でしたw

HGUCユニコーンガンダムD_08
フェイス部分でいじくったのはツインアイ部分ですね。
ツインアイはラピーテープを好みのサイズに切って貼り付けてます。
ラピーテープは光に反射したら光ってるように見えるので飾っててもキレイです。
(切るのには苦労しましたけど・・・2mmくらいなので)

HGUCユニコーンガンダムD_09
飛行状態をイメージして撮影

HGUCユニコーンガンダムD_10
戦艦級の破壊力“ビームマグナム”
ビームの発射音がRX-78ガンダムと似てるので、最初DVD観た時は感動ものでした!

HGUCユニコーンガンダムD_11
このキットの最大の弱点・・・可動範囲がものすごく狭い!!
色々なポーズが決められません・・・泣

HGUCユニコーンガンダムD_12

HGUCユニコーンガンダムD_13
“ビームトンファー”
これを見るとウイングマンのソーラーガーダーを思い出してしまいます。
関係ないですけどウイングマン大好きでした

HGUCユニコーンガンダムD_14

HGUCユニコーンガンダムD_15
もちろん背中の“ビームサーベル”も抜いて装備することができます。

最後に武器装備なしの状態で
HGUCユニコーンガンダムD_16

HGUCユニコーンガンダムD_17
装甲が開いて分かれてるせいか、全体的にシャープなイメージですね
お手頃な値段でこれだけの完成度です。すごい!がんばれバンダイホビー事業部!

簡単ではありましたが自分のガンプラコレクションから
ユニコーンガンダムデストロイモードの紹介でした。

ありがとうございました。では!


テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンプラ HGUC RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード 父さんの秘密基地


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイブ

Author:ダイブ
趣味をなんでも紹介します!
フィギュア・プラモ・おもちゃ
が大好きな2児の父です!
ちょっと拍手頂ければ生きる
パワーになります(笑)
相互リンク歓迎です!

広告
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント